のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

家出した話 Part1

家出した その1

 この記事は「家出する」の続きです

yuuki167a.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

3月7日午前6時

 

 

 

俺の家出が始まった。

 結局一人やった。 

 

まず、家を出るまでの話

 

 

 

家出前日

 

「俺明日から旅に出るで」

 

っておかんに言うたら

 

「父ちゃんの許可貰っとるんか」

 

おとんに

 

「俺、家出するで」

 

って言うたら

 

おとん「東に行くんやぞ、西に行ったらなんも無いぞ」

 

おかん「いつ言うてくるんか思とったわ」

 

 

両親、結構昔から「のぉ れいん のぉ れいんぼう」読んでるねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は準備完璧に済ませとったから

 

 

前日は早く寝た

 

 

4時半に起きなあかんかったからな

 

 

 

この家出は

 

高校入学の時に兄と姉がお金出し合って買ってくれた

 

バックパック、いわゆるリュック一つで行った

 

兄、姉、ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、当日

 

 

なんでか奇跡的に時間通り起きた俺は

 

洗面所に行って

 

歯を磨いて

 

いつもの倍ぐらい元気な髪の毛をどうしようか考えた

 

俺な、すごいくせ毛やねん

 

天パって言うんかな、言うんやろな

 

 

結局考えたあげくギリギリ見てられるぐらいにおさえて

 

出発した。

 

 

 

 

 

 

早朝の街がどんな感じか見したかったねんけど

 

カメラをリュックに入れたまんまやったから撮るの忘れとったねん

 

 

車が通ってなくてな

 

街頭がついててな

 

時間止まってるみたいやねん

 

この旅で一番綺麗やった気がするわ、早朝の街は。

 

 

 

でもタロウとモモは起きててな

 

「ゆうきどこ行くん?」って見送ってくれたねんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず姫路駅まで行かなあかんから

 

始発電車に乗るねんけど

 

始発電車ってなんか、乗ってる人が早朝の雰囲気出してるんよ

 

その日初めて人見たんやけど

 

なんでか孤独感出てきてな、急に不安になるんよ

 

 

 

ほなな、その時ちょうどおかんがな

 

起きたらしくてな、めっちゃLINEしてくるねん

 

 

無理するなよ

 

 

雨やし、中止したら?

 

 

仮眠するんやで

 

 

寒いから気をつけて。

 

 って、

おかんはおかんなんやなぁ

 

それでも家出させてくれたおかんありがとう。

 

 

さてさて

 

 

 

姫路駅到着

 

 

 

 

 

 

俺の家出が始まった。

 

 

 

今日はここまでやな

 

 

読んでくれたあなた、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.

 

 

続き

 

 

yuuki167a.hatenablog.com