のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

のぉ れいん のぉ れいんぼう

あなたの中に無かったものをお届けします。

【質問】趣味「写真」と趣味「カメラ」は同じようで違うよね【おまけ:カメラ選び】

この記事は2017/06/26にリライト(更新)しました!

 

なんでもきいてMEに質問が来た。

 

フォロワーさんの影響で(田邊くん含め)カメラ始めようか気になってます。 カメラについて熱いアピールお願いします。 

 

という事なんやけど、

 

多分カメラが気になってる時点でカメラの良さはなんとなく掴めてるんじゃないかなぁ

と、思う。

 

以上。

 

 

 

 

 

では終わらせへんのやけど、

俺の中で「カメラ」っていう趣味と「写真」っていう趣味は違うねんな

ちょっと違うんよ

続けていくと結局どっちも好きになるとは思うんやけどな

 

それぞれがどんな趣味なのかちょっと語ろうと思う。

 

 

目次

 

 

趣味「写真」

俺は趣味「写真」の人間やと思ってる。

 

写真って面白い。

何の考えも無しに、適当に撮っててもいい写真が撮れる事がある。

実はそれは何も考えていなかったわけではなく、自分が考えていることに気づいていなかっただけやったりする。

カメラを持って、歩きまわって、写真を沢山撮る

撮り終わったら見直してみる

 

感動することがある。

 

撮りたいものを決めずに写真を撮ってもいい

撮れば撮るほど自分の撮りたかったもの、自分が好きなものが見えてくる。

 

写真の良さとはつまり、

 

「再発見」する事

 

カメラマンの目の前にある景色と、その写真を見た人の中にある景色が、

化学反応を起こして1枚の写真になる。

 

だから同じ写真でも10人に見せれば10人とも感じる事は違う

それぞれの中にある景色は違うものだから。

 

というのが写真の面白さかなぁと思う。

 

色んな景色の再発見を重ねて、自分の再発見になる

 

趣味「カメラ」

では「カメラ」という趣味の良さを見ていこう。

 

  • 写真を撮るにはカメラが必要
  • 精密機器 of 精密機器
  • そしてメカニカル of メカニカル
  • それにカメラマンの職人性

 

もうこれだけでカメラにハマる人間が存在するのは分かるかな

カメラという機械は魅力的で歴史も深い

種類もめちゃくちゃにある

ユーザーも多いからコミュニケーションもとれる

そして現代にそんな人はいないけれど、

カメラという存在を知らないような人にも、撮った写真は共有できる

 

趣味として優れているし

写真はあらゆる場面で活躍するし、コンテストは掃いて捨てるほどもある。

 

カメラという機械は驚くほど汎用性が高い

写真を撮るという行為自体が先にも説明したように、めちゃくちゃ面白い上に

デジタルなら初期投資さえすればその後の維持費は殆どかけない事も出来る。

一眼レフならレンズを変えられるから飽きたら色んなレンズに手を伸ばせばいい。

 

それから写真だけでなく、映像を撮る事も出来る

映像になると、音にも拘るようになる。

そしてそれらのデータを扱うのはPCで

機械好きにはたまらないぐらい機械をいじっていられる趣味である。

 

何を隠そう俺がPCを触れるようになったのはカメラという趣味のおかげ。

 

好き嫌いは別れるかもしれんけど、

今ではカメラはありふれているし、簡単な操作だけで綺麗な写真が撮れるようになっている

iPhoneも立派なカメラであるように、カメラという趣味は入り口は広く、その先は奈落の底まであるほどに深い。

 

いつ始めてもいいし、一生続けられる。

趣味として本当に優れてると思う。

 

 

 

 

まとめ

カメラは最高

 

 

カメラ買うなら

やっぱり俺は一眼レフをおすすめしたい。

本気でやりたいと思った時に中途半端な事しか出来んカメラはしんどくなる。

それは趣味が「写真」であっても、「カメラ」であっても。

 

新しいカメラを買い直すのはハードルが高いし、

買い直すお金を考えると結局一眼レフが安上がりになるんじゃないかな

 

一眼レフにも価格帯は色々ある。

最初から何十万もするプロ用機材を買えとは言わんけど、一眼レフをおすすめする。

 

一眼レフをおすすめするもう一つの理由としては

 

一眼レフのほうが楽しい。

 

これは電機屋に行って触ったらわかると思う。

どんな趣味でも楽しくないと続けられへんからな

カメラ選びで大事なのは撮っていて楽しいカメラを買うこと

 

 

www.mapcamera.com

 

カメラ買うならとりあえずここで調べてみるといいと思う。

 

 

俺が初めて買った一眼レフ

 

 

 

 

俺が最初に買った一眼レフはこのセット

 

よく初めて一眼レフ買うならボディと、単焦点レンズって聞いたりする

単焦点はもちろん楽しいけど、最初はズームレンズでいいんじゃないかなと思う

それも近くの方からそれなりに遠くまで1本で撮れるようなズームレンズ

要するに汎用性の高いレンズな

初めて一眼レフ持つならどんなレンズで撮っても画質には驚くと思うから最初からめちゃくちゃいいレンズつける必要も無いと思う。

※画質=画素数ではないから要注意な

※画質はレンズによって大きく変わる

 

標準ズームキットはおすすめしない。

電機屋によく並んでる標準ズームキットはおすすめせぇへん(18−55mmのズームレンズしかついてない奴)

それだけやと思ったよりズーム出来んと思うから物足りんと思う。

 

最初に一眼レフ買うなら

  • ダブルズームレンズキット
  • 広角~中望遠まで一本で行けるレンズキット(18-135mm)とか
  • 単焦点レンズ

の、どれかやと思う。

それから連射するにはそれなりにいいSDカードが必要になるから注意な

調べたら出てくると思う。

 

俺はPENTAX好きなんやけど、PENTAXはAF(オートフォーカス)がちょっと遅かったりするから動体(スポーツとか、早く動くもの)撮影は不利やったりもする

でも実力でなんとななったりする。

結局きれいな写真撮るには運と技術と機材。

そしてもう1回言うけど

カメラ選びで大事なのは撮っていて楽しいカメラ

出来るだけ一杯触ってから買ったらええと思う

 

という事でおすすめのカメラは

 

 

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 DA18-135mmWRレンズキット 【ブラック】 K-70 18-135WR KIT BLACK 16258

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 DA18-135mmWRレンズキット 【ブラック】 K-70 18-135WR KIT BLACK 16258

 

 

 

 俺の持ってるやつとちょっと違うで

 あと、正直PENTAX以外はそんなに詳しくないねんな

自分の足で調べてみて下さい

 

 

最後に一言

いい写真ってのは綺麗な写真の事じゃない。

言ってしまえばそんなものは誰にでも撮れる。

じゃぁ、あなたにしか撮れない写真って何か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味「写真」とはそれを探す旅なんです。

 

 

 

 

 

 

 

ほな!!

 

 

 

 

 

 

 

↓ご質問下さい!!


Fin.