のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

「やる気出ねぇ」はやる気があるからでね

今日の俺の考え方の話

俺がなんで自分の事天才やと思っとるんかにも繋がる話

 

 

noteで一回公開した記事なんやけど、とりあえず読んでくれ

「やる気出ねぇ」はやる気があるからでね

そうなんだよ、結局。

本当にやる気が無いやつなんてのはやる気が無い事すら気にならないぐらいやる気がない。やる気があるから「やる気出ねぇ」なんて言葉が出てくる。

つまり「やる気出ねぇ」という言葉は存在しない。

そしてこうも考えて欲しい。

この広い宇宙の中で、俺達のやる気というエネルギーなんて米粒以下だ。だから無いに等しい。いや、やる気なんてそもそも無いんだ。という事。

 

じゃぁなんで私は動けないの

 

知るかよGoogle先生にでも聞けや、大体動こうとするからダメなんじゃないの。

こいつ切れ者やなってやつ大抵怠け者やったりするやろ、どうしてもサボりたいって気持ち持ってたりするやろ。人間は必要に迫られて動くし、必要に迫られて進化する。君が動けないのは必要に迫られてないからなんちゃう?

もっと自分を追い込んでみよう、自分はどうしても怠けないといけない、怠けてないと生きられないんだってぐらい追い込んでみよう。するといかにして怠けながらノルマクリアするか。みたいな

もちろん他の追い込み方でもええけどな。

追い込んでみると脳みその今まで使ってなかった部分が動き出したりする。

道は開けるものじゃなくて、もともとある。見つけるかどうか

「楽な道を選ぶな」なんて言う先生は絶対に信じるな。きっと馬鹿だ。

楽で楽しくて皆ハッピーになる道を探す事をやめてはいけない。「楽な道を選ぶな」は時に意味もなく辛いことを強いてくる悪魔の言葉だ。気をつけろ。

そしてもう一つ、君が何者かなんて考えなくていい。いくら君が考えようとも君一人で君が何者か、という問題は完結しない。君が何者かを決めるのは君だけじゃない、君に関わる人全てが君を何者かにしてくれる。それは「勝手に」とも言える。時にウザいと思うだろう。でも君の周りの人間を作っているのもまた、君である事を覚えておこう。

だからこういう風に考えてみてもいいと思う

 

この世界は君と、君の獲物で出来ている。

 

ハングリーであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.