のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

のぉ れいん のぉ れいんぼう

あなたの中に無かったものをお届けします。

天才らしい悩みを聞いてください

夜の公園にハマっている田邊裕貴です。

 

 

お洒落やろ

 

形から入るタイプです。

まずは自分のモチベーションから上げていくスタイル。

 

 

 

お洒落にペンを走らせて何をしていたのかと言うと

自分が書いた脚本のプレゼンテーションを構成してたねん

 

クラス全員が脚本を書く

それを講師陣が採点して、会議して何本かノミネートする

ノミネート作品それぞれがプレゼンを行い、生徒の投票で実際に制作する企画を選ぶ

 

って流れで

ノミネートされたまではいいんやけど

プレゼンして、落選した。

 

プレゼン能力はあるけどツメが甘いというニュアンスの言葉を頂いた。

いっつもそうやねんな、俺

 

自分を信じるあまりツメが甘い。

 

 

正直自信ある脚本やったし、今でも自信持ってるからこそ悔しい

そんなショッキングな事があって

 

しっかり帰りの電車乗り過ごしたった。

 

 

 

 

そんな事があった今日の前日、夜

俺はペンを走らせた後ギターを背負って公園で熱唱してた。

 

意味もなく、歌いたくなったねんな

1時間ぐらい歌っとったみたいや。

 

最近訳もなく公園にスケボーで行ったり、散歩したりするんやけど

めっちゃ面白いねんな

特に夜中

 

意味ありげに揺れる木々


サックスの音


荒れた缶と野原


静かに微笑み酒を飲む女性たち


照らされたベンチで寝るホームレス


急ぐチャリンコ


遠くに見えるビルの赤星


老いた散歩


佇む公衆電話


忍び寄るセグウェイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやセグウェイおるやん

 

セグウェイて何やねん

雰囲気台無しやん

 

 

 

 

 

 

 

でも面白いな

 

 

 

 

みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

セグウェイに乗ってるおっちゃんに話しかけへんかった事を後悔してる。

 

弾き語りする時は公園の中心にある大きな野原のちょっと坂になった所で歌うんやけど

気持ちええんよな

 

歌って素晴らしいな。

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

悔しい

俺演出家になりたいというよりカメラマン目指してるねんけど

悔しい

 

 

そしてまだまだやれる自分がおる事が嬉しい。

 

学校生活ちょっと物足りんと思っとったけど

こういう事や、

得意分野で悔しい思いしたかったねん。

 

いかにも天才らしい悩みやんか

 

伸びしろ伸ばしまくるぞ

 

 

 

 

おまけの話

今回書いた脚本はちゃんと映像化したいと思う。

自主制作ってやつやな

 

いわゆる習作って感じになると思うけど妥協はしてないから

ええ物になるんじゃなかなぁと思う

 

制作する事になった企画出したやつが放課後に

 

「田邊のやつ別で撮ろうぜ」って言ってくれた

シンプルに嬉しい。

世の中面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.

 

 

 

 

Fin.