のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

兵庫帰郷ノ記(続々々)

 

 

 ↑前回の続きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば長くここに居る。

 

実家。

 

18年住んでるから、たまに帰った時に

 

なんにも変わらんな

 

みたいなノスタルジックにはならず、

むしろガラッと変わってる方が自分のいなかった時間の経過を感じてノスタルジー、ノスタルジア。

 

もっというと実家にいる時には感じず、

こうして今。スタバの窓際でなんかDTM(デスクトップミュージック)してる外人とか、

プレゼンの資料作ってる人とか、赤い半透明の下敷きで重要な単語を見え隠れさせてる受験生とか、

 

そういう自分とはまるで関係が無さそうな人達の中で、ふと暇を感じる時、

今ここにいない人達の事を考えてしまったりする。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuuki167a:20191107230057j:image

 

とうまである。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20191107230054j:image

 

これもとうま。

 

 

 

 

従姉妹の子

 

俺と18歳離れてて、

俺と従兄弟のHDKっていう美容師が18歳離れてて、

 

だからHDK兄ちゃんは俺の事こんな感じで見えてたんかなぁと思うと

とうまの何を見ても感慨深い

 

 

 

 

 

 

 

歯磨きが嫌いみたい

 

 

 

めっちゃ嫌いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

とか思ってたらお母さん陣痛来て、

 

妹が生まれるんやけど

 

 

 

知ってか知らずか

とにかくお母さんに置いて行かれて泣き喚くとうまであったな。

 

 

 

 

 

げんくん。

 

 

甥っ子

 

 

 

 

 

 

父は昔家族で想像してた通りのじじ馬鹿になった。

 

 

 

 

 

 

これは兄の誕生日ケーキ

 

 

 

 

 

 

よく子供が出来ると

 

「我が家が騒がしくなりそうです」

 

って表現したりするけど、騒がしいのは大体大人たちです。

 

げんくんが一言

 

「くー」

 

って言うたびに、大人は二言三言言う

 

家族みんな馬鹿になってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げんくんとおっちゃん

 

 

 

表情がたまらんやろ。

 

渋い系の俳優になるわ多分知らんけど

 

 

 

 

とうまの妹すみれちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.