のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

のぉ れいん のぉ れいんぼう

あなたの中に無かったものをお届けします。

stay with you

おはよう

 

自分なりの考えを発信する事ってイケてるの?

とか思うことあって真面目な文章をしばらく書いてない気がします。

 

それは自分と対峙出来なくなった訳でも、討論が出来なくなった訳でもありません。

 

俺の思想なんか書いて、誰のためになるのだろう。いや、ならない。

という事なんです。

 

要因としては、発信する事の敷居がガン下がりしてるのに、発信の流行は今も昔もそう変わらないポジショントーク的な、お昼のコメンテーター的な、

 

そういう商売が溢れ返ってる事と、今自分が発信をしたとして、それらと差別化出来るのか?

 

出来ないとしたらそれはダサくないか?

 

という事です。

なにせ僕の書く記事の面白さというのは常にきっと「田邊裕貴であること」であって、

「個性を持つこと」ではない

 

でも「個性個性言ってる人」と「田邊裕貴らしさを語る人」の見分け、

読んでる人に求めるのは高度な事なんじゃないかと思います。

 

だって個性個性言ってる人にも名前があるし、その人はきっと自分というキャラクターを個性という偶像に重ねて話すだろうから、

 

側から見たら、「田邊裕貴らしさ」も「その人らしさ」も同じに見えたりするだろうなと思います。

 

「その人」の中に「田邊」は含まれても、「田邊」は「その人」ではない。

という事が大事にすべき物だと考えています。

 

という話をすると大抵の人の頭の中では

 

あ、こいつは「個性」の話をしとるな

 

となると思います。

俺だって自分の事でなければ、集中して読まなければ、その人をよく知らなければ

恐らくそうなるんだと思います。

 

 

 

俺の哲学に「そう思われたら負け」という言葉があります。

 

例えば俺の本質がチャラくなくても、他人からチャラいと思われたら俺はチャラいんです。

本質は人に見せる物ではないし、見せる事は出来ないけど、外装は本質ではないとは言えない。

だから負けです。何が勝ちかは知りません。

勝つより負けない事の方が大事。そういう人間です。

 

 

個性を語る事は俺のしたい事じゃない。

正直その段階って高1くらいで終わってた気がします。

 

でも今田邊裕貴を語ってもそのままは多分伝わらない。

負けなんです。だから違うアプローチが必要なんです。

 

今やInstagramを更新する事を発信とは呼ばないですよね。

でもきっと真面目にやってる側からするとnoteを書くのも、Tedで話すのも、Instagramを更新するのも真面目さに差は無いんだろうと思います。どれも高尚なんです。でも発信とは言わない。

 

つまり発信という言葉自体古くなっていて、昔のようにそれが高尚な物では無くなってるんです。

 

流行りの言葉で言うと「発信」はアップデート中なんだと思ってます。

 

俺の感じてるところとしては、

何故生きるのかの時代じゃなくて、如何にして生きるのか

ライフスタイルを考える時代ではなくて、ライフスタイルを実行する時代またはその方法。

 

皆が皆、そう問うてるように思います。

これからどんどん新しい言葉が、概念が、考え方というカルチャーが、生まれる気がしてます。

作る造る創る就く築く憑く著く

 

イケてるかどうか気にしてるってバレるとダサいので、格好良く生きようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin

兵庫帰郷ノ記(続々々)

 

 

 ↑前回の続きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば長くここに居る。

 

実家。

 

18年住んでるから、たまに帰った時に

 

なんにも変わらんな

 

みたいなノスタルジックにはならず、

むしろガラッと変わってる方が自分のいなかった時間の経過を感じてノスタルジー、ノスタルジア。

 

もっというと実家にいる時には感じず、

こうして今。スタバの窓際でなんかDTM(デスクトップミュージック)してる外人とか、

プレゼンの資料作ってる人とか、赤い半透明の下敷きで重要な単語を見え隠れさせてる受験生とか、

 

そういう自分とはまるで関係が無さそうな人達の中で、ふと暇を感じる時、

今ここにいない人達の事を考えてしまったりする。

 

 

 

 

 

 

f:id:yuuki167a:20191107230057j:image

 

とうまである。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20191107230054j:image

 

これもとうま。

 

 

 

 

従姉妹の子

 

俺と18歳離れてて、

俺と従兄弟のHDKっていう美容師が18歳離れてて、

 

だからHDK兄ちゃんは俺の事こんな感じで見えてたんかなぁと思うと

とうまの何を見ても感慨深い

 

 

 

 

 

 

 

歯磨きが嫌いみたい

 

 

 

めっちゃ嫌いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

とか思ってたらお母さん陣痛来て、

 

妹が生まれるんやけど

 

 

 

知ってか知らずか

とにかくお母さんに置いて行かれて泣き喚くとうまであったな。

 

 

 

 

 

げんくん。

 

 

甥っ子

 

 

 

 

 

 

父は昔家族で想像してた通りのじじ馬鹿になった。

 

 

 

 

 

 

これは兄の誕生日ケーキ

 

 

 

 

 

 

よく子供が出来ると

 

「我が家が騒がしくなりそうです」

 

って表現したりするけど、騒がしいのは大体大人たちです。

 

げんくんが一言

 

「くー」

 

って言うたびに、大人は二言三言言う

 

家族みんな馬鹿になってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げんくんとおっちゃん

 

 

 

表情がたまらんやろ。

 

渋い系の俳優になるわ多分知らんけど

 

 

 

 

とうまの妹すみれちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.

 

遺書定期的的

これは、遺書、のようなものです。

死ぬ予定は無いし、死ぬ気もない。

 

けど人は急に死ぬし、本人にとってもそれは急な事のようです。

多分ね。

 

f:id:yuuki167a:20200225063739j:image

兵庫へ

 

もう関西弁は東京弁と混ざりってます。ごめんなさい。

でも俺の中で標準語は播州弁やし、汚いけど魅力的な言葉やと思てます。

それでも東京は面白いです。人が沢山います。沢山居るだけかもしれないし、そこが夢の国なら、それだけで十分なのかもしれない。

東京のJKは殆ど自転車を漕ぎません。

漕いでる所をあんまり見たことがありません。埼玉県に行くとJKもチャリ漕いでます。

僕が初めて東京に住ませてもらう時、埼玉と東京の境の2つの物件で、JKがチャリ漕ぐ埼玉も魅力だし、街が整ってて住所が東京と書ける東京も魅力的だったので随分悩みました。東京にしました。

 

東京へ来てからというもの、少し馬鹿になった気がします。

小学中学というのは、同じような土地で育っただけの様々な人が存在しますが、

高校へ入るとそれなりに同じような土地の同じくらいの頭を持つ人が集まって、

東京へ来ると全然違う土地の全然違う人も、同じような人も沢山います。

でも日々会うのは、大凡同じような事をする、似たような思考を持った人ばかりなので、

僕のやってる仕事はどうやら世間とはかなり離れてるみたいで、

 

そうすると社会的に馬鹿になって行くようです。

こういうの歌舞伎者とかって、そう言ったりするんでしょうか。だとちょっと嬉しいです。

 

頭はちょっと柔らかくなった気がします。

 

中学生は優等生として、生徒会長として、バスケ部のキャプテンとして、田邊家の次男として、

高校生は歌舞伎者として、学年下から4番目から8番目くらいを行ったり来たり、フォークソング部と卓球部と生徒会室を行ったり来たり、

 

狭い世界とはいえ馬鹿もカリスマも生きてみたつもりです。

 

これ、どっちもやった事ない奴は可哀想です。

もしこれを読んでて、自分の深みのために人生を棒にでも振れる人間がいるならやったほうがいいです。

ジュノンボーイは苦痛でしたが、自分の芯が揺らぐような事は若いうちに、失敗しても大丈夫なうちにやっとくべきです。

 

自分の芯が揺らいだ時の人間の弱さと、弱い自分を見といた方がいいです。

 

それで死ぬならそこまでの人間

 

生き残った時、サイヤ人みたいに戦闘力が上がってる訳じゃないけど、

自分の振れ幅は大きくなってるし、新しい事に挑もうとした時、自分がどうなってしまうのか、

 

そのワクワクと恐怖の、恐怖だけが小さくなります。何が恐いか知ってるから。

 

 

 

 

 

日本の首都、東京都の真ん中、東京23区の都庁所在地、東京都庁のあるとこ、新宿区、

新宿区のギガメガスーパーターミナルな駅、新宿駅によく行きます。

地元じゃ顔がいいだなんてよく褒めてもらえたし、東京に来てもちょくちょく褒めて貰えるのですが、

新宿駅でナンパされた事ありません。ナンパした事もありません。ナンパって何。もちろん原宿を歩いてもスカウトもされないし、スナップ写真も撮られません。

 

自分の何がイケてないのか、分かってる部分もあるし、分からない所もきっとあると思います。

 

でもこれまでの田邊裕貴を踏まえて、今とても田邊裕貴らしく生きている気がします。

そういう訳で余裕があります。悪く言うと焦りが無いんですが、

自分が良くも悪くも柔らかいのを感じ、流れ生きています。

 

 

 

遺書を書いてみようと思ったら回想録になりました。

死を考えるとやる事なんてなくて、昔の事を思い返してみるしかないんですね

 

走馬灯を見てる時間が人生で一番暇かもしれない。

 

次にやる事なんてないんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまだまだまだまだまだまだまだ…生きるつもりですし、死ぬ気は更々ありません。

死ぬ気がしない。死んでたまるか。

 

とはいえ生きるのは難しい。

 

生きるという事は

 

なりたくない大人になってしまうかもしれないし

 

肌はここから劣化していくだろうし、

 

大怪我をするかもしれないし、大切な人とお別れする事になるかもしれない。

 

 

 

大切な人とお別れするのは辛いが、それが人生で、

 

でもお別れした後でもその人を感じたいものじゃないですか、人って、

お別れは言わないし、出来ない。

 

 

その人はもういないんだからその人の事考えても仕方がないのに、

人は考えるじゃないですか、

 

それは忙しいが過ぎると思う。

次にやるべき事しかないのに。

 

そして生活は続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.

 

 

 

雑多な日々、雑多な情報と

 

 

もうBlogの時代はとうの昔に終わってると思う。

 

日本におけるBlogの歴史から見れば、

 

俺が物心ついた頃には一時代を築いたLivedoorブログは堀江氏が豚箱行き、俺が青春を過ごした本家アメリカ「Blogger」流行らず、

田邊初めて触ったブログサービスのYahoo!ブログはサービス終了、はてなブは客離れ止まらず、アフィリエイター皆WordPress、きっとアメブロが芸能人ブログ推し始めた時に、Webは進化したけど、コンテンツとしてブログは死んだのだろう。

続きを読む

日出づるBlogより、

ライトノベルがどんどん分厚くなって、

 

モノホンの小説家からこれは小説とは違うのか

 

って言われる作品も出てきて

 

一体ライトノベルって何なの、小説とどう違うのよ

 

っていう時代かと思いますが、

 

 

ライトノベルが「軽い文章」って意味なら、

俺のBlogこそがライトノベルなんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

脳みそ空っぽでも読める。

読めちゃう。

で、なんかええやん

もっと書けや

 

くらいになればええやん。

続きを読む

ツーリスト

このBlogは「のぉ れいん のぉ れいんぼう」というタイトル。

 

長いし言いにくいしダサい。

 

だから皆俺のBlogの話をするときは「田邊のブログ」とか、「ゆうきのブログ」とか

 

「のぉ れいん のぉ れいんぼう」ってどこか恥ずかしそうに言ってくれるたりする。

 

いやそんな恥ずかしがらんでもええやん。

 

でもそのなんか、恥ずかしそうな言いぶりを見るに毎回

 

ちょっと失礼やろ

 

と思いつつ、素敵と思う。

 

 

 

おっぱいって言うのに恥ずかしげも、ためらいもなくなってしまった大人たちに

 

まだそんな言葉があるなんて、

 

それを自分が書いてるなんて

 

これは勝ってるんじゃないかと思う。

 

何に。

 

 

 

 

 

 

 

ツーリスト

 

 

ちなみにこのブログには「のぉれ」という

 

俺の名付けた略称がある。

 

コアなファンはそう呼んでくれている。

 

それだけで通ぶれるのだからあなたもそうするべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

ところでこのやんちゃ坊主は

 

げん(玄)くん。兄の子。

 

玄米の玄って言ってたから多分この漢字。

 

武田信玄の玄とも言ってたな。

 

確かそっち推してたな

 

 

 

 

 

 

 

親ばかが入ってるかもしれないけど、この子は味のある顔をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後に大注目である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初詣という事で中山寺へ。

 

兵庫のお寺なんやけど、西国三十三所といって、理由はよく分からないが

 

三十三所、立派な神社を順に巡っていく、参っていくという参拝があって、

 

中山寺はその一つ。

 

犬猫でいう血統書付きって感じ

 

お墨付きのええお寺。

 

 

 

 

 

確かにええ寺。

 

 

ここは安産祈願が有名で、

 

年始でなくとも賑わいを見せてるし、

 

 

安産祈願というだけあって、エスカレーターとか充実してるし

 

親切。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始に寝てる暇なんてない

 

 

 

 

初詣が終わったら初詣やし、

 

 

 

 

それが終わっても初詣

 

初詣行くと絶対に知り合いと遭遇する田舎

 

 

それも良きかな。

 風物詩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみくじ

 今年は3回引いて大吉末吉末吉

 ちょうどええくらいかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5回目の初詣に二人で挑戦したけど門前払い

 

ちなみに別日にチャレンジしたけどまた門前払いで、

 3度目挑戦して正直を得た。

 

 

 

 

 

次の日も暇そうな人捕まえてねずみ見に行く。

 

 

 

 

 

 

あの池釣れそうやなって言うてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この神社2回目。

 

ちなみにあともう1回行った。

 

 

 

なんでそんな詣でるのかって言われても三賀日なんか神社しかやってない。

 

 

 

 

 

あとファミリーマート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日は喫茶店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる事なさ過ぎて新年会を企画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的にめちゃめちゃ楽しかったけど

 

なんでか奢らされたし

 

 

 

 

 

この有様

 

 

 

 

 

 

 

酔うとこんな感じになる

 

 

 

 

 吐けるかえ

 

って言うてます。

 

 

 

 

 

 

 

このあとめちゃくちゃ吐くんですが写真は割愛します。

 

人が吐く言うたらカメラ取り上げて自分で設定だけしてって言われたのは覚えてる

 

 

最高よな。

 

 

 

 

 

 

吐いたらこうなって

 

 

 

 

 

こう。

 

多分気持ちええーーって言うてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がこんな綺麗に撮ってもらえたの久っっしぶりなんやけど

 

吐いた5秒後とかちょっとぴえん。

 

 実際大分ぴえんした。

 

 

 

 

 

 

ほんでこの集合写真いるんかえ

 

記念みたいにすなよ 

 

 

 

 

 

何はともあれ生きて返してくれてありがとう。

 

なおと車にゲロつけてごめん

 

 

 

 

 

次の日浮腫んでずっと顔パンパンでした。

 

 

で、これ

 

 

商品化したから良かったら是非買ってください

 

 

 

 

 

 

スウェットだけじゃなくて、Tシャツもステッカーも、

 

色違いもあるんで。

 

 

 

↑こちらのリンクからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校フォークソング部の相棒たけしと夜中まで謳歌したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従姉妹の家に行ったり

 

 

 

そうや、今年からお年玉渡す側になった。

 

感慨深い。

 

 

 

ちゃうちゃう。

 

って言ってます。

「パパ」とかより先に多分玄くんは「ちゃうちゃう」って発音すると思います。

 

顔は既に完璧。

 

 

 

 

 

 

すみれちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

そして保育園へ、とうまを迎えに。

 

田邊家三姉弟の母校

 

 

 

 

 

 

あ、知ってる子いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お世話になった先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人見知りモードのとうま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなんて言っとったっけな

 

写真撮って見たらええよ

 

やっけな。

 

子供の語彙って絶対自分から出てこんからほんま笑ってまうよな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうま君

 

あれどんな字書くんやっけ・・・

 

 

 

子供たちの名前言い間違えそうになる

 

実家帰るたびに子供増えてるし

 

 

 

でもみんな小さいのに個性だらけ。

 

 

 

遺伝子って面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子って面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので集合写真

 

 

 

 

 

年取ったよな俺ら。ほんま。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでお正月終わり。

 

 

東京戻ります。

 

 

 

東京に住み始めてから

 

兵庫県福崎町はもう帰るところじゃないんやなぁ

 

 

とか思ってたけど、

当時のブログにも書いてたけど、

 

 

そうじゃなくて、

 

帰るところ増えただけやったわ。

 

 

 

 

お前だけは久しぶりな感じせぇへんわ

って言われるくらい存在感は置いて帰りたいと思う。

 

 

 

どこへ行っても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.