のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

それはある日、太陽が頭上を通過した時

 

唐突に、熊谷の話をする。

 

f:id:yuuki167a:20200825164332j:image

 

それはある日、太陽が頭上を通過した時


f:id:yuuki167a:20200825164325j:image

 

意味はなく東京駅にいた。

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164317j:image

 

 

東京駅から適当な電車に乗ったらどこへ行けるのだろう。

 

 

なるべく見た事のない景色が見たい。

誰にでもそんな感情はある。

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164314j:image

 

 

気づけば熊谷にいた。

 

映画『翔んで埼玉』を見ただろうか

埼玉に興味がない人ほど見てほしいと思う。

 

映画として、作品として高い評価を受けるべきか

 

そう聞かれてもあなたを納得させる事は出来ないかもしれない。

ただ、この映画は映画館へ沢山の人を運んだ。

その事実を褒めちぎるべきだと思う。

興業として成り立って初めて次の作品が撮れるのだから、まずはどんな手を使ってでも映画館へ人を呼ぶべきだと、とりあえず業界人の端くれとしてそう思う。

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164322j:image

 

そんな事が頭によぎったために熊谷で降りたんやけど、

兎角何も無かった。

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164307j:image

 

謎に体操服を着た少女たちが列をなしてこの木なんの木を永遠に周回していた。

熊谷で流行りのスポーツなのかもしれない。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164311j:image

 

流行りのスポーツといえばどうやらラグビーが流行ってるらしい。

 


f:id:yuuki167a:20200825164339j:image

 

その実3時間ほどしかいなかった私が断定するのも失礼かもしれないが

恐らく熊谷にはラグビー場しかない

 

これだけ広大な土地があるのだからラグビーもサッカーも出来るコートにすればいいのに。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164342j:image

 

無断使用禁止と書いてあったが、

どうやら憩いの場としてもラグビー場しかないのか

犬もおじさんもおばさんも好んで脇道に脇目も振らずにラグビーコートを横切っていた。

スポーツがその地に馴染むというのはそういう事かもしれない。

 


f:id:yuuki167a:20200825164336j:image

兎角、すれ違う皆がお互いを暇人扱いする目で通っていた。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164304j:image

そういえば『飛んで埼玉』のロケは全然埼玉じゃないのだとか聞いた事がある。

埼玉には埼玉らしいと言えるロケーションすらないらしい。

確かにラグビー場を横切るおじさんで映画館に人を呼ぶのは難しい。

 

主演のガクトと二階堂ふみは沖縄県出身らしい。

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164300j:image

 

よく田舎を褒めようとする人とか、なんとかPRしようとかする人が

 

「何もないが、そこにある」的な事言ってるイメージだが、

「何もない」を軽く見るな。

 

人間は道具を使う事を知ってここまで文明を発展させた。

何もないところで何が出来ようか。

 

 


f:id:yuuki167a:20200825164329j:image

 

「熊谷のみんなには、笑っていて欲しい」

 

切実が過ぎる。

 

 

これ以上書く事はないので今日はここまでである。

 

Fin.

 

 

8月23日、何もない。

 

夏だが、夏が恋しいです。

 

こりゃ毎年やったかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuuki167a:20200823131819j:image

 

こないだ、ロケハンという事で、小田原を越え

 

真鶴という所へ行ってきた。


f:id:yuuki167a:20200823131810j:image

夏である。

 

 

 

 

 

 

「こんなご時世」が今年の流行語大賞2位やろか

1位は決まりとして。

 

流行語大賞なんか誰が何のためにやっとるんやろな

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823131815j:image

真鶴である。

 

 

 

 

 

 

 

 

海と山と人がいいバランスで共存してる町であった。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823131807j:image

 

端的に言えば「田舎」なんやけど

 

「都会」と一言に言っても東京を語れないように、

「田舎」だけでは表現出来ない情報量が真鶴にもある。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuuki167a:20200823132826j:image

 

我々はそのひとつひとつを掬い上げる

 

事が出来たら幸せやな。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132718j:image

 

ロケハンというても俺は暇やったから付いて行っただけで

俺は関係がないロケハンやった。

 

しかも目の前にいるゴリラは照明の人であるから、

2人して

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132737j:image

 

「ええやん、暑いな」

 

くらいしか言う事が無い。

 


f:id:yuuki167a:20200823132734j:image

 

後日メインロケハンという監督やらカメラマンやら助監督やらが皆でワイワイ行くやつがあるのだから

 

これは「ロケハンに来る価値があるかどうか」

という、ロケハンのロケハンになる。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132730j:image

 

感想としては最&高

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132714j:image

 

兎に角いいところだったので

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132821j:image

 

ひたすらに歩いた。

 

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132722j:image

 

土地の良さを掬い(すくい)上げるには歩くしなかいと思う。

それくらいゆっくり見ないと人間の脳は景色に追いつかない。

 

そう考えると写真は偉大よな。

 

 

俺は故郷の町を誰よりも意味なく歩いたと思う。

意味なく写真を撮った。

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132816j:image

 

今年で22歳のおっさんになったけど、

小僧の頃の暇つぶしが仕事になりつつあると思うと人生って下らんな。

笑ってまうわ

 

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132833j:image

 

ゴリラと俺は「映画」を仕事にしてはいるものの

こないだ雑誌で特集されてたお洒落な人達の好きな映画を特集した号を読んでもほとんど知らない映画だし

ヒッチコックの新作より「アオハライド」にライドしちゃうような奴らである

 

ちなみに『アオハライド』は見ていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132800j:image

 

補足しとくけどそこらの捻くれた映画好きよりは「映画的」というものを理解しているつもりではいる。

仕事なので。

 


f:id:yuuki167a:20200823132809j:image

 

本当はキラキラ映画が撮りたい。

いいキラキラ映画が撮りたい。

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132813j:image

 

 

そういう意味で真鶴は最高やった。

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132741j:image

 

なんでここに生まれて、

デートスポットに悩みながらも甘酸っぱい放課後を過ごし

 

夏祭りはまだ付き合ってない男女4人で集合して肩ちょい下まで伸びた漆黒の艶髪にぼんやり頬を染めて笑う同級生にラブずっきゅんする青春を送ってこなかったのか。

 

体育館裏の告白を覗き見しなかったのか。

 

 

 

ここ真鶴にはその全てもそれ以外の青春の全ても詰まっていた。

 

 

 

f:id:yuuki167a:20200823132726j:image

 

どうしてお前と汗かいて坂登らなならんのや。

 

 

 

 

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132746j:image

 

駅前にひとつだけあるセブンイレブンとか、

駅前にひとつだけある寂れたカラオケボックスとか

 

f:id:yuuki167a:20200823132830j:image

 

見上げればトンボが飛んでいて

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132804j:image

 

振り返ればあの子の家があったりとか

 

 


f:id:yuuki167a:20200823132710j:image

皆が振り振られした校舎裏とか

 

 

 

 

 

この夏を後悔しないために出来る事は

 

 

 

f:id:yuuki167a:20200823135623j:image

 

今、目の前にある景色を掬い上げる事だけなんや

 

洗濯干してるおじいちゃんにもラブずっきゅんだ馬鹿野郎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.

 

 

8月30日、自転車だけはある。

 

この記事は、今、春日部で書いている。

そう。サトーココノカドーの、春日部。もしくはクレヨンしんちゃんの春日部とも言う。

多分初めて来た。

 

経緯を3行で説明する。

 

今日の私は夏休みで言うと8月30日である。

焦って自転車を漕ぎ始めた。

ついた。

 

f:id:yuuki167a:20200624084947j:image

 

自宅から40km弱ほどの距離を

チャリで来てしまった。

 

元は宇都宮を目指していた。今は夢破れて春日部で防衛している。

もっと言うと仙台を目指してたけど、それは夢物語だと最初から思ってた。

 

そんな訳で現在午前8時25分。

何時から自転車漕いでるか。

それは午前2時20分。

 

コロナ禍で長引いた長期休暇によって俺の生活はフレックスになった。

イケてる、もしくはそうあろうとしている会社ではフレックス制が多い。

これを休暇中に生活に取り入れているのだから胸を張ってもいいだろう。

 

実際張ってるのはお腹かもしれないが、宇宙規模で考えると胸もお腹も大差ない。

なんなら地球時間の朝も夜も、大差ない。大差どころか誤差の範囲であるから、丑三つ時に自転車を漕ぎ始める人がいても全く問題ない。

 

 

問題は、自転車を漕いでどうするかである。

安直に海外行く人がいる。その金銭コントロール力と行動力には脱帽である。

しかし日本へ帰ってきたら、中途半端な金銭感覚と行動力しか持ち合わせない輩にこう言われたりするのでは?

 

「問題は、行ってどうするかじゃない?行くのは誰にでも出来るんだし」

 

うるせぇ。

 

 

このように他人から言われる大抵のことは「うるせぇ」でいい。

もしくはキャプテン・ジャック・スパロウみたいに調子のいい返事で相手を黙らせるのがいい。格好いい。

キャプテンには帽子が不可欠なので、軽々しく脱帽しない男に、私はなりたい。

 

 

9時45分にならないと湯屋が開店しないので、コメダでこんな駄文を書いている田邊であった。

 

俺はこれからどうすればいいのだろう

羅針盤があった所で、俺は道の上しか進めない惨めな男である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.