のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

来日

f:id:yuuki167a:20201115223656j:plain

 

冬だよな

 

 

 

 

撮影を仕事にもしてると、流石にカメラを持つという行為を休日は休んだりする。

しかし休日にカメラを持つ為に仕事をしてるんだってのを思い出して焦る事もある

 

撮影ってのはいついかなる状況でも発生しうる行動やな

つまりフィクションの撮影ってのはいつどんな状況をも作って然るべきで

 

何が言いたいかというと俺は季節感を持てない体になってしまった。

 

撮影してれば気温が上がったり下がったりはしてるけど、

それが春とか秋とか夏冬とか気づくまでかなり時間がかかる。

 

 

そもそも季節って人間が勝手に区切りつけたもんよな

花の名前だってそうやし。

 

俺の名前だってそう。

 

 

 

冬は鍋よな

夏生まれやし夏好きやし夏は女の子が勝手に脱ぐし最高やけど

 

肌が痛くなるような冬も嫌いじゃない。

着る楽しみも増えるし。

 

 

 

 

f:id:yuuki167a:20201115223639j:plain

 

 

 

感じる時間も、名付けた愛も大事に抱えて前進するしかない。

ひとつこぼしても勿体ない。

 

 

 

 

 

名付けた愛ってなんやろな

 

 

 

 

なんだか最近は懐かしい人によく会ってる気がする。

懐かしいと思うほど、無いことに慣れてしまったな

 

元気で何よりですわ

また来日

 

 

 

 

 

 

Fin.