のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

それでも生活は続くのか、そして生活は続くのか

どうも、天才田邊裕貴です。

今年で二十歳です。

成人式には黒い紋付袴を着ます。

 

なんだか気づいたら更新が滞ってたけど

気にせず更新して行く。

 

 

 

好きな時に更新できるから趣味って素晴らしいし

何書いても言いからアマチュアって素晴らしい

 

 

 

 

 

正月記事からここまでの話

 

1月21日

 

肺炎を患って2週間ほど経ち

 

なんとか復帰した田邊裕貴は渋谷から原宿、新宿へ向けて歩いていた

 

 

 

 

 

目的は散歩である。

 

 

 

 

 

 

詳しく話すと、

 

肺炎で調子狂った肺を正常に戻すために、多少の運動と

 

 

 

 

 

 

 

 

肺炎で疲れた心を回復させるため、

 

再びクリエイティブな心を取り戻すため

 

 

 

俺は歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表参道、

 

 

 

 

それはそれはお洒落な街である。

何を着ていてもお洒落に見えてくる。

 

 

派手な格好をして行っても、驚くぐらい浮かない。

 

 

むしろ思ったより地味に見えてくる。

 

 

なんやこれって。

 

そんな街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「IS FOR EVER」

 

 

 

何が永遠なのか

 

 

 

 

 

インスタグラマー達はここで何を刻むのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「NOW」

 

 

”今”であると。

 

 

 

 

なんやそれって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこからどこまでが渋谷で、

 

 

どこから原宿で

 

 

 

表参道がどこなのか

 

 

俺はよく知らない

 

 

だって原宿と渋谷の間にあるお店は

 

 

 

どこのお店も自分の都合に合わせて名付けてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつナンドキ、

 

誰に見られてるか分からない東京

 

 

でもそれは大体、俺にとって誰でもない誰かであり

 

 

 

知り合いに出会う恐怖と嬉しさは田舎にいる頃の何倍もデカい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに見える街がどこなのか、俺は知らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、渋谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして不意に出てくるすき家に、

 

入ってしまう。

 

 

 

これはお金も無ければ

 

空腹でええ感じのお店を探す気力も無いからである。

 

 

 

特に空腹は大敵である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mont-bellで狙ってたリュックと、その他の良さげなリュックを片っ端から背負って

 

首を傾げて帰る

 

 

 

結局Amazonで見つけた3000円の

 

でかくて黒くて四角くないリュックを買った。

 

 

 

いいリュックの条件である。

 

 

でかい

黒い

四角くない

 

 

 

 

 

四角いリュックは可愛くない。

 

 

 

 

 

 

 

そして新宿まで歩く。

GUでジーパンを買った。

 

撮影用である。

 

 

撮影には基本的に全身黒ずくめが望ましい。

撮影部は特に。

 

真っ赤のパーカーを着ていけば、

 

まぁ浮く。

 

 

 

 

俺の服の8割ぐらいは、お洒落なお兄様達から譲り受けたものなので

端的に派手である

 

 

だから俺は真っ黒のパーカーと濃いジーンズを数セット揃えたい

 

 

 

まだ1セットである。

 

 

 

 

 

 

 

そして生活は続く。

 

 

 

 

 

 

1月22日

 

東京に大寒波がやって来た。

 

 

 

 

 

 

 

本当に寒かったのを覚えている

 

 

信じられない事だがこの時降った雪が未だに残っている場所もある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居候の照明ゴリラこと福岡出身の彼は

 

こんな雪は初めて見たと、大層喜んでいた。

 

 

 

 

 

次の日には雪はもういいと言い出していた。

 

 

 

 

 

 

1週間ほど、住んでいるアパートの階段が凍てつき、

危険な登校をしたと記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからざっくり行きます

 

 

 

 

肺炎の時に先輩がくれた年明けうどんを食べる1月の末

 

 

 

 

 

 

 

中古ゲーム屋で100円で買ったプレステ2の『ぼくのなつやすみ2』

 

まだ俺の夏休みは終わってないけど、

これは素晴らしいゲームなので皆さん中古ゲーム屋に行ってください。

 

 

 

 

 

 

3日間連続で徹夜ラブホテル撮影

 

 

如何わしいものではなく、列記とした学校の実習での

友達の作品です。

 

完成品が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

目の前に風呂もベッドもあるのにカメラを弄くり倒す生活は中々にエキサイティングでした

 

ちゃっかり風呂は毎日入ったけど。

 

 

 

 

 

兄の結婚式で、兵庫に帰省。

 

ラブホ撮影から連続して徹夜で結婚式で使うムービーを3本仕上げた。

 

 

 

写真はカフェ・ド・ムッシュっていう、姫路名物アーモンドバターで有名な喫茶店

 

量がとんでもないのも有名

 

 

 

 

 

 

の、トイレ

 

 

シュールやった。

 

 

 

 

 

 

めでたい兄の結婚式

挙式では兄の入場と共に爆笑が起こり、

 

人前式だったので友人が証人をやってくれたのだが

証人号泣で文字読めなかったり

 

披露宴入場曲は必殺仕事人だったり

 

友人代表スピーチで、新郎側友人が

小学校違うのに小学校のくだりで号泣してたり

 

 

笑いあり涙ありとはこの事、

 

っていう式でした。

 

式場史上、未だかつて無いほど新郎側友人が泣いたらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兄からは家督を譲られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従兄弟の兄ちゃんからは、

 

「その髪型は形が命」

 

と言われて式場でセットして貰いました。

 

 

 俺ほんまスーツ似合うよな

 

このスーツは従兄弟の兄ちゃんから貰ったものやけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば挙式の着付けはおばちゃんが

 

新婦さんの髪は新郎で美容師の兄がやったそうです

 

 

美容師一族ってええね。

 

 

結婚式後は新郎新婦友人達に混ざってカメラマンとして朝まで楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日、

 

 

 

お馴染みのファミマに集合して

 

 

 

 

 

 

友達と二人、軽トラに乗って神戸の六甲山に登った。

 

展望台は閉まってて、森の隙間から見える夜景で缶コーヒーを飲んだ。

 

 

 

 

 

ついでに海も見に行った。

 

 

 

 

翌朝

 

モーニングをしに喫茶店に行き

 

帰ってきて近所の空き地でバイクに乗って遊んでた。

 

遊び場が一周回って小学校の時に戻ってた

 

 

 

新幹線に乗って東京へ帰る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスメイトと行く、機材屋、フィルム現像所見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のツレと行く、

 

 

 

 

 

プラネタリウム

 

 

わざわざ東京に遊びに来たツレをプラネタリウムに連れて行く選択は我ながら渋い。

 

 

 

 

 

 

その後にんにく料理専門店に行く予定だったが、満席だったため

 

すき家でキングを頼む

 

 

思ったより食えず、リベンジを誓う。

 

 

 

 

 

 

 

そこからまた何度か撮影があって

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、居候が財布を無くし

 

俺が見つけて、

 

財布を見つけたら焼肉を奢って貰う約束にも関わらず

見つけると1000円出して

 

「これで美味いものでも食え」って

 

 

 

その後一緒にコンビニ行って1007円払わされた。

 

 

 

 

 

それでも生活は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.