のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

のぉ れいん のぉ れいんぼう

あなたの中に無かったものをお届けします。

左様なら…どうしようか。

やってきた2020

ところで2019はどうした。

 

 

 

 

2020年1月1日0時ちょい過ぎ

 

今年1本目のたばこ

 

 

 

Be a good sport.

2020年になった訳で

お正月になった訳ですが

 

お正月って自分の中では特別な時間で

 

2020年がやってきた

 

っていうのと同時に

 

 

 

 

2019年はいっちゃったって。

 

さようならしちゃったっていう時間

 

真の意味で忘年する時間なんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

何はともあれ

 

 

 

 

 

 

乾杯はするんやけど。

 

さようならってさ、

 

日本人の心に染み付いてるお別れに対する考えが

 

ぐっとまとまっててな、

 

 

 

 

 

 

 

 

「左様なら…」

 

 

それなら…うん。

 

って事でお別れやん。

 

本当は「うん」のタイミングでお別れやけど

日本人は皆まで言わない。

 

「それなら…」

 

の段階で察する。お互いに。

 

お別れ

 

だなんて言葉にしない。はっきり言わない。

 

 

 

 

なんで年始一発目でエロ本探してんねん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりお別れを濁す癖がある。

 

お別れだけじゃない、終わりが苦手なんやろな

 

 

だから終わったことは兎に角忘れて、置いといて、

来る年を兎に角、兎に角、迎えようじゃないかって

 

 

 

 

 

電柱でオナニーすな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何言おうとしたんやっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床オナすなって。

 

 

 

 

 

あ、

 

 

 

終わった事を気にすんな的なの

 

どうやら

 

Be a good sport

 

っていうらしい。

 

Be a good sport.

Be a good sport.

 

こういう言葉って並べると後悔してる感じ増すよな

 

 

 

スポーツマンみたいに清々しくいけよって意味やな、しらんけど。

 

さすが英語よな。清々しい。それも大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく点と点をつなぐって言うけど、

 

生きるって、点を打っていくというよりは線を引き続ける方が近い。

 

そう思う。

 

 

 

線と線をつなぐために、点を打つ。

 

 

そのほうがしっくりくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからお正月っていうのは点なんじゃないかと。

 

2019年でも2020年でもない時間なんじゃないかと

 

 

 

 

 

そういう時間を大切にする事が

 

我々お別れ嫌いの日本人としては唯一の救いなんじゃないかと

 

 

 

 

 

 

だからみんなで乾杯しときゃなんとかなる

2019年と2020がいい感じに繋がる。

 

どうもせんでいい。正月は。

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.