のぉ れいん のぉ れいんぼう

田邊裕貴の見た色々を雨のように、あなたの中に今まで無かったものを

春に詠えば

 

2020かかってこーい。

 

そう時速300キロで闇夜に放った大声は

未だ帰ってこない。

 

 

 

 

もはや昔ほど年末年始にかける思いは強くはないのだが、

 

それでもお正月は好き。

 

俳句でも、1つの季節として認められているように、

正月にはパワーがある。

 

正月は素敵だ。

 

 

 

いちいち文字に起こすまでもない。

 

見れば分かる。詠めば分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に詠えば

 

 

実家に帰ると必ず犬がいる。

 

 

 

 

 

あと姉ちゃんがおった。

 

 

 

これは湊(みなと)くん。

 

つい11月に帰省した際、

たまたま姉ちゃんのお腹の中から出てくるというので、

 

その様子をカメラマンとして見守らせて貰った。

 

 

 

本当に本当に小さかったのにもう赤ちゃんである。

 

 

 

 

 

 

リラックス

 

 

 

 

この犬はハナコ(鼻子)

姉の飼い犬だが、完全に嫉妬している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タロウはいつも呑気である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

 

今日は12月29日で、

そもそも今更年越しを地元でする必要もないのだが、

ツレと過ごすのも恒例になっているし、今日は高校フォークソング部同期で集まろうって企画がある。

 

 

必要はないかもしれないが、帰る理由があるなら十分に帰る理由になる。

 

 

 

 

 

で、コンビニに行きたくて20分の徒歩を強いられるのが地元。

 

 

 

 

 

軽トラが2台連続で通ったり

 

 

 

 

 

 

自然

 

 

 

 

 

 

 

何度歩いてもそこそこ素敵である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関係ないけどどうやら自分は煙フェチらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

だだっ広いコンビニの駐車場

居心地がいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サラダ食う。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰る。

そう、とにかく車がないと一生この景色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから送ってもらう。

 

 

 同窓会の前にコメダ珈琲でがっつりデザート食う。

 

 

 

 

 

 

 

 

男女比1:4

 

フォークソング部である。

 

 

ほんの少しカリスマ性があって、皆よりほんの少し働いてるだけなのに上から物を言ってしまうが

 

みんなどんどん大人になっていて、いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、

 

リビングで寝転んでると母が木を持ってきた

日常でそんなシチュエーションあるか。

 

 

 

 

 

ない。

 

 

 

 

 

 

 

だからお正月。

 

 

 

 

俺には既に甥っ子がいて、おっちゃんになっちゃってるんやけど、

その初正月はこういう木の枝にこういう丸い飾りをつけるらしい。

 

初正月、そんなめでたい事あるか

 

 

このおじいちゃんも、おばあちゃんも、俺というおじさんも、

初正月。

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

父ちゃんに初めての正月はどうや?

 

って聞いたら

 

50過ぎてまだ初めての事があるのはなんたらって

 

 

 

 

 

 

 

 

多分言ってない。

 

なんて言ってたか忘れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿修羅丸(♀)はいつも通りである。

 

 

 

 

 

 

この日は夜まで何をしていたか全く覚えていない。

位置情報のログを見てみたけど一切動いていないので多分寝ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいたらおじいちゃんと孫はお風呂に入っていて

 

 

 

俺は思わずカメラを持ち出していた。

 

いい写真だな

 

とか思うかもしれないけど、これはムービーも回していて

そっちの方が絶対に面白い

 

写真が1,2枚あった所でお爺ちゃんの親ばかさ、というのは全く説明しきれやしない。

かといってこの写真が駄目にはならない。

 

それも上手い下手は関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が子にワセリンを塗ってる姉

 

に見えるだろうし、

 

 

 

 

ギャルよりピースの角度が深くて、

 

深すぎて垂直になっちゃってる母ちゃんに見えるだろうし

 

 

 

 

 

 

 

こんな太い腕出しとったらあかんわ

 

って言うて羽織を着て

 

これで撮ってかっていう母ちゃんである。

 

 

 

これが映像になると、全員親ばかやし、ばかな家族になる。

 

 

 

 

 

それくらいこの赤ちゃんには人を動かすパワーがある。

 

 

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

日は変わって。

 

 

 

 

 

 

明晰な人間なら言わなくても分かると思うが、

 

この写真は既に大晦日

 

 

なにゆえこんなにも急に時間が飛ぶのか

俺の記憶も飛んでいるから分からない。

 

昼間は多分コーヒーを飲んでいる。

 

それだけな訳があるか

 

 

 

 

 

 

 

と思うかもしれないが、ここのところ地元にいると本当にそれだけである。

 

 

 

 それだけでもまぁ、悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か実家には毎年大晦日になると予期せぬ客人がやってくる。らしく。

 

我が家ではしゃぶしゃぶだったりすき焼きだったりするのだが、それとは別に鍋やら、うどんやら、そばやら、出来るよう具材を余分に買っている。

 

 

え、そんな事あるっけ?

毎年そんなやっけ?

 

 

と思うが、実際にそうだったのだからしょうがない。

 

 

 

多分去年までツレとBBQしてたから知らなかったんだろう。

 

 

 

今年から寒いしキツいので屋内になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年越しである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fin.